海水うどん

My dream diary

ブレイクタイム

地名論
大岡信

水道管はうたえよ
御茶の水は流れて
鵠沼に溜り
荻窪に落ち
奥入瀬で輝け
サッポロ
バルパライソ
トンブクトゥーは
耳の中で
雨垂れのように延びつづけよ
奇体にも懐かしい名前をもった
すべての土地の精霊よ
時間の列柱となって
おれを包んでくれ
おお 見知らぬ土地を限りなく
数えあげることは
どうして人をこのように
音楽の房でいっぱいにするのか
燃えあがるカーテンの上で
煙が風に
形をあたえるように
名前は土地に
波動をあたえる
土地の名前はたぶん
光でできている
外国なまりがベニスといえば
しらみの混じったベッドの下で
暗い水が囁くだけだが
おお ヴェネーツィア
故郷を離れた赤毛の娘が
叫べば みよ
広場の石に光が溢れ
風は鳩を受胎する
おお
それみよ
瀬田の唐橋
雪駄のからかさ
東京は
いつも
曇り

2015.9.1-9.2

牡蠣雑炊をたべる

牡蠣はあまり好きじゃないのに
知らないババアがつくった牡蠣雑炊をたべる

いつから煮てんの
パッサパサの牡蠣

でも、わたしあんまり牡蠣を食べたことがないからこれが普通なのかもしれないな

ババアが一口程度の牡蠣雑炊を順にプラスチックカップへよそう

2015.4.26-27

妊娠している

すごくすごくこわい

自分のからだが変化していき

ここに命がやどっていることが
こわくてしかたない

知り合いはその恐怖から
産まないという決断をしたという


大きなお腹をみる